F1 オーストリアGPは大荒れ!

毎週日曜日の記事更新。開幕戦は観戦にも体力は必要だった。

前回のブログ

オースト”ラ”リアGP…ではなくオーストリアGP

先週末、第一戦のオーストリアGPが開幕

天候は荒れず、大きなイレギュラーはなく開催されました。

といっても、コロナの影響でいろいろと時期が変わってしまして。
本来オーストリアGPは”開幕GP”ではない場所。

初戦がオーストリアGPというのは、それだけで特殊な状況でした。

クラッシュが起因”ではない”サバイバルレース

今回のレースは結果的に見れば、サバイバルレースとなってしまいました。

サバイバルレースとは、「生き残り」の戦い。
速さを競う通常のレースではなかった、という意味合いです。

というのも、参戦した20台のうち、完走は11台。
大体5割ちょっとなんですね。これは過去見ても結構少ない。

過去にも”サバイバルレース”と言われたレースはいくつもあります。
ただ、それは「天候不良」などの要因があったわけで…

今回のコンディションなど、諸々見てみると…

  • 天候的にウェットコンディションではなかった
  • 問題になるほどの風速ではなかった
  • 大規模なクラッシュによる乱れはなかった

“サバイバルレース”になる要因には当てはまらない今回。

結果的に今回のレースがサバイバルとなってしまった原因として、

COVID-19(コロナウイルス)による開幕GP変更

でしょう。

コースの特徴によるマシントラブル続出

リタイアの原因としてはほとんどが”マシントラブル”によるリタイア。

理由は様々ですが、その原因はおそらく”コース”にあるでしょう。

オーストリアGPは「レッドブル・リンク」で行われました。
このコースは、前々からある特徴で有名なコースです。

その特徴は「縁石を走るとマシンがダメージを負う」という点。
自分の中では「殺人的な縁石のあるコース」というイメージ。

縁石による振動等の影響でマシンに被害があるんですね。

今回もレースであちらこちらでその問題が起きていました。

“ギアボックスがおかしい、縁石を踏まないように走ってくれ”
こんな無線が昨年優勝した”メルセデス”も言うぐらい。

次戦はシュタイアーマルクGP

次戦は本日から行われます、シュタイアーマルクGP。

名前は新しく見ますが、コースは同じく「レッドブル・リンク」です。
シュタイアーマルクというのは、コースのある州の名前なんだとか。

今回のレース、前回と同様のコースということでまた新しい状況です。

サバイバルで敗れたチームは”前戦の失敗をどう修正するか”、
逆に勝ち残ったチームは”さらにどう攻めていくのか”…

同じコースで連戦というのは新しい状況なので、
また違う楽しみが出来そう。

1ファンとしてはそう思えてならないです。

MinaSnooze
  • MinaSnooze
  • 割と多趣味な社会人。
    アニメ作品だとワールドウィッチーズシリーズが大好き。
    モータースポーツにも興味があるが、今のところF1が一番好き。
    音楽や音楽ゲームも大好きで、様々な音楽ゲームに触れたいと思う日々。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)